いちさん☆カウンター

フォトアルバム

情報サイドバー

いちさん☆ライダー 

人気ブログランキング

おすすめ!BOOK

おすすめ!DVD

GHOST RIDER

CBに迷わんナビ Feed

2009/03/24

バイクで迷わんナビを自宅で活用する為に、105円で工夫したのだ(^^)v

数日前、バイク用ナビを自宅内でも見れる様に、電源アダプターを購入していた

でも、ナビで目的地を検索したりルートを確認したりするのに、

ナビが寝っころがったままでは、すごく見にくいしイジりにくい。wobbly

なので、100円ショップでナビの台座になる様なものを探してみるかup

と、宣言していた。

 ↓ さっそく見つけた。すぐに見つかった(笑)

   そして、ナビの台座として作成してみた(^^)v。

   資材費?105円ナリ。安っshine

D1

 ↓ バイク用ナビ。自宅ではステーも何もないから、当然だけど丸裸状態。

   これでは操作しにくいし、活用できないよねーー。catface

D2

 ↓ そこで購入した105円(安すぎshine)のブックエンドを適当に(笑)曲げ曲げ。

   ぐにって、だいたい?45°くらい。

D3

 ↓ ちょうど良い穴も空いてて。(これも購入時にナイスと判断した材料note

   ナビのボルト径に合わせて、工具箱に転がってた(笑)ボルトを使用。

D4

( ^∀^  )/ す・す・す・素晴らしいっshine

D5

 か・か・か・完璧じゃなかろうかup happy01 happy02 smile

D6

お見事。105円でこの工夫。マジですばらしいっflair(ToT)/

小学校の工作とかだったら、80点くらい貰えるんじゃね?(言いすぎか・・・笑)

D7

これで家の中でもルート検索したり、デモ走行で確認したり出来るぞえ(^^)

次の大型連休は、4月末から5月初旬のゴールデンウィーク。

ここで(勇気を出してソロでも)宿泊ツーリングにも行こうと考えてるワタシ。

だからナビのこの工夫は必要だったのだ。うんうん(^^)

それにしても105円のブックエンドで、ナビの台座が出来るとわ。

100円ショップには、まだ色々と利用できる物が眠っていそうだ。delicious

長距離ツーリング、どこ行こうかな。ネットでも色々と調べなきゃ(^^)

⇒ お帰りはこちらから           いち読1ポチのご協力をnoteにほんブログ村 バイクブログへ     

⇒ いちさん☆ライダーTOPへ      ⇒ いちさん☆ライダー カテゴリーページへ

2009/03/17

CB1300に付けた、ナビのオプション品が来たのだ。

今日も“何かが”届いたのだ。  (n‘∀‘)η (笑)

本当に、( ゚ρ゚ ) すっかり&マジで、注文していたのを忘れていた。

だって予想外なメール便で来たし。(大丈夫かよ・・)

封筒を開けて初めて( ^∀^)ノ『おおおっ、そういえば発注したnote』てな具合だ。

 ↓ そんな感じで発注していたのはコレだ。何?

Nbd1

 ↓ 何かの電源アダプターなのだ。

Nbd2

 ↓ ぷぷぷ〆(゚▽゚*) Made in Chinaって中国製ですぅ。

Nbd3

 ↓ へへへ(^。^;)これなのだ。

   バイクで迷わんナビの、家庭用の電源アダプターなのだ。

   これ、標準装備じゃないんDESUYOー。(´ー`)/別で買わなアカンのですよー。

   でも純正品だと、4,000円くらいするんスよ。sweat02catface

   だから。規格が全く同じで、shine激安のん(゚∀゚)flairを見つけ、発注してたのだ。

Nbd4

 すばらしい~(T。T)/ これで、家の中で何時間でもナビタイム!?

 ツーリングスポットを検索したり、ルート確認したり、グルメ店を探したり。

 あれやこれや、それもこれも、ここもそこも、調べられるって寸法だnotes

Nbd5_2

バイクで迷わんナビをフル活用すべく、自宅で色々とイジりまくるのだ。

thinkこのナビ、使ってみると、少々ウィークポイントがある。

名前(ひらがな)検索では出てこない目的地でも、電話番号ならスカッと出てくる。

つまりは、電話番号優先で検索していくと使い易いって事なのだ。

だから、調べた目的地は電話番号をナビに登録したり、

携帯電話にメモリーしておけば活用度もUPするハズ。・・・ハズなのだ。

 ↓ このナビ、デモ走行が出来るのだ。(^^)v

   どんなルートを通るとか、何kmあるのか、何時間かかりそうなのか?

   などもコタツに入りつつ、TVなども見つつ、出来ちゃうのだnote

   だから、電源アダプターが欲しかったのだ。便利っしょ。(^^)

F1001007

あとこれ、家の中で使う場合、ナビの“台”が欲しいところです。

ナビを斜めに立てて見れる感じのヤツが。

そんなの純正でも売ってないので、簡単に作ってみるか。

・・・またナビの新しいネタができてしまった。

とりあえず、100円ショップで材料を漁ってみますかhappy02 ふふふ。

⇒ お帰りはこちらから           いち読1ポチのご協力をnoteにほんブログ村 バイクブログへ     

⇒ いちさん☆ライダーTOPへ      ⇒ いちさん☆ライダー カテゴリーページへ

2009/03/11

CB1300に付けた、ナビの追加工夫(画面の保護なのだ)

ナビの記事で、まだ引っ張るか~ ( ̄ー ̄)) と思われるかも(笑)

でもでもでも。notes色々とやる事を思いつくんだなぁ、これが。

今回は、ナビの画面保護なのだ。

この前、ETCを試すのだツーで、ナビをフル活用した。

その時に花粉やホコリ、ゴミとかが画面に結構くっ付いて。

タッチパネルだし、画面に傷がついてしまうのではと、ちと心配になった。

だ ・ か ・ ら note ~(゚∀゚)

液晶画面の保護シートを購入して、装着する事にした。

バイクで迷わんの専用品があるかもしれないが(調べもしてないワタシ・・・笑)

これ、家電屋さんで大きくてshine安いshineのを見つけて購入したのだ。

 ↓ 3.5インチ画面よりも大きい保護フィルムを購入。

Hogo1

 ↓ こんなとこでもマジメなワタシ(笑)厚紙で画面サイズの型を取ったのだ。

   白い厚紙なので、わかり易いですな。

Hogo2

 ↓ 型に合わせて保護シートをカットしたのだ。

Hogo3

 ↓ ホコリやゴミを警戒しつつ、シュパッと貼ってしまうのだ。

   一発で決まったnotes 空気も入らず、ゴミも入らず。

   貼ったのが解らないくらいキレイですぅ (^-^)

Hogo4

 ↓ ちゃんとタッチして、操作の確認も行なったのだ。

   問題ないっすね~。これで画面の保護もカンペキなのだ。ヽ(^A^  )ノ

Hogo5

買ったからには、ちゃんと保護してキレイに使う。大事に使う。

たかが保護シート、されど保護シートなのだ。

CB1300もそうだ。一緒に楽しい思い出を作る相棒だ。(^^)

今回の作業ポイント

購入した物・・・ 液晶保護フィルム(5インチぐらい対応の大きいヤツ)

作業時間 ・・・ 20分くらい。

費用総額 ・・・ 液晶保護フィルム(380円)、作業は自分なのでプライスレスshine

満足度 ・・・ 安くて簡単な割には、すごく大事なカスタム?で120%満足なのだ(^^)

 ・・・久しぶりだな、このシメ。ふふふ。(^∀^)

しかし、まだまだナビの記事は終わりではないっっ。

操作とかインプレ記事で引っぱりまくるつもりなのだ(^◇^)ふふふ。

⇒ お帰りはこちらから           いち読1ポチのご協力をnoteにほんブログ村 バイクブログへ     

⇒ いちさん☆ライダーTOPへ      ⇒ いちさん☆ライダー カテゴリーページへ

いちさん☆ライダー ナビ装着カスタムの全記事

 CB1300にナビを付けるのだ No.1 (電源の確保編)

 CB1300にナビを付けるのだ No.2 (配線ルート編)

 CB1300にナビを付けるのだ No.3 (ナビ装着 完了編)

 

2009/03/10

CB1300に付けた、ナビの不満点を解消するのだっ

昨日、CBメンテDAYと称して(なぜ称する?笑)行なった作業の一つなのだ。

メンテするのは、どんくさいけど、実は色々やってるワタシ。

CBをイジってると、落ち着くんですよねぇ~( ´∀`)

 ↓ この前、装着したナビ。1番の不満点がこの取り付けボルト。

   不満な内容については割愛するが、とにかく使いにくいのだだだ。(苦笑)   

01

 ↓ ナビの裏で固定するボルトなんですよ。はい。

   原因はやはり短いんですよね。

   10mmのボルトにワッシャーかますんですけど。

02

この不満を解決するには、このボルト変えるか、加工するしかないのだ。

チェレンジャーなワタシは、加工の道を選んだのだ。

・ ・ ・

とりあえず、必要なボルトの長さを測ってみる事にした。

結構マジメなんです、おいら。(笑)こういう所に性格が出てる気がします。

血液型はO型なんですよ。よく、嘘だぁ~と言われます。はい。( ̄ー ̄)))フッ

あ、Σ(゚Д゚;) O型の人をバカにしたのでは無いですよ。((=゚Д゚=)ノ

ワタシがO型っぽくないだけです、マジで。

・  ・  ・  何の記事書いてたんでしたっけ? あ、そうだ、ボルトボルト。

 ↓ とにかく、何mmのボルトが良いのか測ります♪

   まずは20mmのボルトを締まるまで。入った所で黒でマーキング。

03

 ↓ ここで素人的発想の炸裂!? 爪楊枝(つまようじ)で計測。

   何でつまようじなんでしょうね~。思い浮かんじゃったんですよ、何故か(爆)

04

 ↓ マーキングした長さを測ります。なぜ、ここでも爪楊枝なんだ(笑)

   どうやら、12mmでジャストサイズとみた。

05

 ↓ そうと決まれば、ボルトの作成にかかるのだ。

   この為に使えるべ?と買っていた(安くて)ナイスなネジを取り出すのだ。

   このボルト、長いんですよ。50mmとかありやんの。このままじゃ使えな~い。

06_2

 ↓ ここで何だこれは!的な電動工具が登場!!щ(゚▽゚щ)

   もの凄い傷んでますな、、。サビを通り越して腐ってる感が・・・動くのだろうか?

   グラインダーっていうんですよね、コレ。

   え?何でおいらの家にあるのかって?

   ずーーっと前に、田舎の倉庫の奥で眠っていたのを貰っていたのだ。

   オヤジいわく、お前が生まれる前に買ったヤツだ・・・と。( *゚д゚)

   ほぉぉぉ、するとウンウン十年物か!ワインだったら高けーだろうな、きっと。

07

役に立つ時は来たぞ、グラインダーさん。

スイッチON!・・・グギャギャゴギャギギーーーーーー回ります。

でも、何もしてないのに、とんでもなくウルサイ。大丈夫か?

 ↓ でも気にせずボルトを削りにかかります。

   この騒音は長く発生させられない。(++)

        ご近所さんとの仲が壊れてしまいかねないと思うのだ。。。

   勇気を出して、火花を出してボルトに向き合うのだっ!

08

 約1分くらいですかね?12mm付近まであっという間に削れました。

 最後の方は慎重に削って、整えました。

※めにまるさんのコメント入稿後の更新

 軍手でのグラインダー作業は巻き込み等の可能性あり、とても危険です。

 ペンチなどの工具を使って、作業する様にしましょう!

 ワタシも軍手では危険を感じたので、ペンチでボルトを握って作業しました。(^^;;)

 ↓ すると!奇跡の完成度なのだ。(@@)我ながら驚き。

   キレイに出来た感じです。キッチリ12mmなのだ。

09

 ↓ おおおnote ぴったりですがな。( ̄ー ̄)ニヤリッ

   やったぞコレは。

   固定感もバッチりで、今までの不満点は解消なのだ。vピース。

10_2   

画像は“超新星”って光を細工して貼りつけた。ふふふ。人( ̄ー ̄)人

一応?セキュリティの事もあるので、細かい改良点は内緒なのだ。

(偉そうに言ってるケド、全然、たいした事はやってない。マジで・・・笑)

ま、でも(今のところ)ナビの不満点であるこの取り付けボルトが改良できた(^^)

他の施策が見つかったり考えられたら、また変更する事にしよう。

    CB1300よ、細かい工夫を行なったぞ。

     こんなところこそ、大事だよな。な。な。(^^)

⇒ お帰りはこちらから           いち読1ポチのご協力をnoteにほんブログ村 バイクブログへ     

⇒ いちさん☆ライダーTOPへ      ⇒ いちさん☆ライダー カテゴリーページへ

いちさん☆ライダー ナビ装着カスタムの全記事

 CB1300にナビを付けるのだ No.1 (電源の確保編)

 CB1300にナビを付けるのだ No.2 (配線ルート編)

 CB1300にナビを付けるのだ No.3 (ナビ装着 完了編)

2009/03/09

バイクで迷わんナビについているイヤホン。そろそろテストしてみるか。

CB1300に“バイクで迷わんナビ”を装備して、数日が経過した。

実際にツーリングに行って、ナビの使用感は良好。

使いやすさ・道案内・検索スピード・リルート表示etcけっこう満足だ。(^^)v

しかし、まだ使っていないパーツがあるのだ。

ナビ専用のイヤホンだ。そろそろ、これもテストしてみたいのだ。

しかし。両耳にするって事に若干の違和感あり、まだ使っていない。

これって、両耳にするもんなのかな? いや、音楽聴けるからその為の両耳か?

ナビの音声は片方だけか?いや、それなら両耳付けるのん、めんどくさいぞ。

まあ、使う前にあれこれ考えても仕方ないかwink

ここは一つ、ポジティブに受け止めて、今度、テストしてみるのだ。 ( ̄ー ̄)

Iyahon

これまたインプレできる様に、頑張るのだ。 (n‘∀‘)η

いちさん☆ライダー ナビ装着カスタムの全記事

 CB1300にナビを付けるのだ No.1 (電源の確保編)

 CB1300にナビを付けるのだ No.2 (配線ルート編)

 CB1300にナビを付けるのだ No.3 (ナビ装着 完了編)

 CB1300にナビを付ける計画。発注したのだ!

 CB1300にバイク用ナビを購入する事にしたのだっ

 CB1300にナビを付ける前の“お勉強”なのだ

⇒ お帰りはこちらから           いち読1ポチのご協力をnoteにほんブログ村 バイクブログへ     

⇒ いちさん☆ライダーTOPへ      ⇒ いちさん☆ライダー カテゴリーページへ

2009/03/05

CB1300にナビを付けるのだ(番外編・・・BOX確認とケース工夫)

CB1300にナビを付けるのだ!の番外編なのだ。

リンクさせて頂いてる方を中心に、電源確保の“お勉強”を行なったが、

かいさんのSPパーツゲットで、ヒューズBOXからの電源供給方式は取らなかった。

でもでも。やはり気になるヒューズBOX。

実は、ナビを付ける作業途中でちゃっかり確認していたのだ。

 ↓ CB1300(SC54)のヒューズBOXはここにある。

Bg1

 ↓ ヒューズBOX丈夫を拡大撮影。

   20Aと10Aのヒューズですね。

Bg2

 ↓ 開けるとキレイな色のヒューズが並んでますな。(^v^)

Bg3

画像が無いので残念スが)

ヒューズBOXの裏から電源が取れるルートも確認できたのだ。

でも実際にはテスターでちゃんと計ってないので、割愛するのだ。(^^;)

 ↓ ちなみに、バイクで迷わんナビの電源キットはこんな物が付いている。

   ヒューズに差し込んで、プラス電源を確保できるというシロモノだ。

   説明書にはどこに差すとかは書いて無い・・・

   が、10Aのどれかから取れば良いみたい。

Bg4

 ↓ マイナス電源確保にはこんなのが。

   バッテリーに直接繋いで、ナビ電源のギボシに接続って感じです。

Bg5

まあ、(^^;)ワタシはこの電源キットは使わなかったので余ってしまいましたが。

ヤフオクで売れるかなぁ?ふふふ。

さて、ここからが番外編の本編?いや、ショボイcoldsweats02改良です。

なのでナビを付ける記事からは除外したのだ(笑)

 ↓ 迷わんナビの専用、防水ハードケース。

   これを簡単に使い易くしたのだ。(^^)

Bg6

これ、上位機種のBZN-600に合わせてケースが作られているので、

ワタシのBZN-350にはちと大きい。特に横幅が。

弁当は無理だけど、小物は結構入るかも(笑)

Nb3

専用のゴム押さえがあるので、一度入れるとズレる事は無いのだが。

ナビ操作をする為に、一度開けるとズレてしまうというイージーミスな作りなのだ。。。

Nb2

 ↓ ショボイ!?工夫を(苦笑)

   ホームセンターで固めのスポンジを買ってきて、サイズ確認して両面で貼った。

Nb4

 ↓ これでズレる事なく、フタを開けた状態でも固定されるのだ。

   特に上下がズレなくなるのが、大きなポイントなのだ。(^^)v

Nb5

ていうか、防水ハードケースを本格使用する日って、雨の日?

雨が途中で降りそうな時?

そんな日はケース自体を開ける事はしないのでは?・・・と後で判明。(爆)

ま、ズレ防止だけでなくスポンジで衝撃吸収を強化したのだ!と

後付けで正当な理由を自ら主張して、自分だけで納得したのだ。(^^)

ま、番外編としてはこんなモンかなーーーー。coldsweats01

いちさん☆ライダー ナビ装着カスタムの全記事

 CB1300にナビを付けるのだ No.1 (電源の確保編)

 CB1300にナビを付けるのだ No.2 (配線ルート編)

 CB1300にナビを付けるのだ No.3 (ナビ装着 完了編)

 CB1300にナビを付ける計画。発注したのだ!

 CB1300にバイク用ナビを購入する事にしたのだっ

 CB1300にナビを付ける前の“お勉強”なのだ

⇒ お帰りはこちらから           いち読1ポチのご協力をnoteにほんブログ村 バイクブログへ     

⇒ いちさん☆ライダーTOPへ      ⇒ いちさん☆ライダー カテゴリーページへ

2009/03/03

CB1300にナビを付けるのだ(ナビ本体装着 完了編)

CB1300にナビを付ける計画の記録も、いよいよ終盤だ。

電源の確保~配線ルートの取り回しを経て、いよいよナビ本体が登場。

バイクで迷わんナビ、BZN-350の取り付けなのだ。

 ↓ 取り付け作業早々、残念な事態に遭遇する。(ToT)

   仕方ないんだけど、イージーフィットバーハンドルのロゴが見えなくなる。。

   せっかくのカスタムアピールなんだけどなぁ。まー仕方ないか。

   バイク用ステーを取り付ける所に、ゴムシートを巻きます。(標準付属ですよ♪)

N25_3

ゴムシートというか、ゴム帯?が予想以上に長く、ハンドル4周分くらい。。。

なので、ハンドル1周分にカットして、巻きつけた。

そして、バイク用システーを六角レンチでクイクイと取り付け。

 ↓ ぽーんと装着完了。

   おおお~ “らしく”なってきたぞ、コレを付けると。(^^)

N26

 ↓ バイク用ステーにナビを固定する台も付けてみる。

   イイ感じですね~(^^) 

   多分この時、ワタシの顔は結構ニヤニヤしてたとが想像できます。

N27

 ↓ 調子に乗って、違う角度から見たり、撮影したり、ラジバンダリ。(笑)

   ※このギャグをご存知ない方はこちら。この芸人ネタです。⇒松竹芸能(ダブルダッチ)

   キー操作も特に気にならない場所ですね。

N28

 ↓ バイク用ステーの取り付けを完了したので、次は配線の最終です。

   ハンドル下に通した配線を、ナビ付近まで問題が起こらない様に這わせます。

   這わせる(はわせる)・・・の使い方、合ってるんだろかgawk

   ナビ近くの最終ラインに(これまた付属の)マジックテープで止めて完了。

   電源にキャップが付いてるんですよ、2つも!

   これ、小さいからすぐに紛失しそう。だから最初から2個あるのですかね。

   ブレードゾーンさん、なかなか気が利くではありませんか(^^)。

   使わない時にはコレ、ちゃんと付けておかないとね。

N29

 ↓ そして。ついについにナビ装着なのだ

   おおお。マジで感動じゃん。イカン、完全にニヤけた顔になってるぞ、ワタシ。

N30

ライダー視線で座ってみての撮影なのだ。

メーターもちゃんと見えて、キーを回すのも問題ない状態なのだ。

 ↓ そして電源オン!いい感じです~。

N31

 ↓ キーを回してないので、バッテリー駆動です。

   ちゃんと残量表示が出てますね(^^)

N32

 ↓ キーを回してエンジンかけます。

   バッテリー表示がコンセントの絵に変りましたnote

   ちゃんと電源が供給されてるって事なのだ。うんうん。

N33

 ↓ そしてもう一つのアイテム、防水ハードケースも付けてみます。

   いや~、ホンマこれ、知らない人が見たら弁当箱ですやん。

   子供とかに、『見てーあの人。弁当付けて走ってはんで~』

   って、言われたりしそうな気がするのは、ワタシだけでしょうか(困笑)

N34

弁当箱・・・いや、防水ケースの電源穴はゴムになってます。

ちゃんとしたゴムなので水が入る事は無いでしょうね。下側にあるし。

電源コードを通し、ナビに接続して弁当箱(言い直さず・・・笑)のフタを閉めて。

 ↓ どーーーん。 バイクで迷わんナビの防水仕様なのだ。

   いいんでないかい? 弁当箱がナビより2まわり大きいので存在感ありまくり。

   でもメーターもちゃんと見えるし、キー操作もワタシ的には問題ありましぇん。

N35

 ↓ ちょっと離れて撮影。

   うむむ、やはりCB1300の弁当箱キットてか。(爆)

   ホンダさん、カスタムパーツとして弁当箱をラインナップにいかがでしょ。

   ぷぷぷ。(^^)

N36

 ↓ しかしだ。早速、気に入らないところ発見っ~。gawk

   ナビベースも弁当箱もこのネジ?ボルト?を使うのだけれど。

N37

まず、ワッシャーをかますと、すごく付けにくい。

ワッシャー無しだと、乗ってて振動で落ちそうだし。

さらに、付いた付いたで、すごく固くで取りにくい。

 ↓ おかげで、ペンチで回さないと取れずで(布を巻いたが)ガタガタになるし。

   ブレードゾーンさん、ここは改善ポイントですぞ。

   取りにくいのは防犯にはプラスかもだが、これは工夫の余地ありだと思うのだ。

N38

 ま、運行には問題ないので、とりあえずOKなのですが。

 でもこの点は、近い内に改善策をまた考えよう!

 これでまた、バイク用品ショップやホームセンターに行く宿題が出来た(^^)

 ふふふ。どこまで前向き、いや、バイクバカなんだろう。(笑)

 ↓ という事で、CB1300にナビをつけるのだ!作戦は完了です。

   こんな感じで、スマートにCB1300に到着されたのだ。

   かなりの満足度なのだ。(^u^)/

N39

 ↓ 最後にしつこく(笑)1ショット。

   バイク専用のフルセットを買ったのだが、本体に車用のステーも付属していた。

   何かすごく得した気分なのだ(^^)

   当然、車にも付けてみた。とてもナイスなのだ。

   だって我が家の車は11年物、ナビが付いてたが数年前に壊れたままなのだ。

   今はナビではく、普通のテレビ(アナログだし)として活用されている。

   バイクにも車にもポン!と装着なので、迷わんナビは2度お得なのだ。

N39_end

今回、ブログ記事としては3つに分割した。(写真多いので・・・苦笑)

かなり多くの時間を要した様に感じるかもしれないが、

ナビの取り付けに要した時間は、およそ3時間くらいなのだ。

ワタシはこういったカスタムに慣れていない。ほんとに。

自分で付けたるでぇ!punchという気合いと少しの工夫が奏功したと思うのだ。

あと、作業賃が浮くので他のカスタムに回せる・・・という貧乏心も大きな理由かも。

いや、それが1番かも。(笑)

CB1300にナビ装着完了!(^0^)/

でもツアラー化への道のりはまだ終わりではない。

        次はETCが待っている。

           楽しみだな、CB1300よ。

 catface ナビ装着の作業記事、全3回でした。が、番外編も用意してるのだ。

   ちょっとだけ、ナビ関連で引っ張る気なのだ。ふふふ。

⇒ お帰りはこちらから           いち読1ポチのご協力をnoteにほんブログ村 バイクブログへ     

⇒ いちさん☆ライダーTOPへ      ⇒ いちさん☆ライダー カテゴリーページへ

いちさん☆ライダー ナビ装着カスタムの全記事

 CB1300にナビを付けるのだ No.1 (電源の確保編)

 CB1300にナビを付けるのだ No.2 (配線ルート編)

 CB1300にナビを付けるのだ No.3 (ナビ装着 完了編)

2009/03/02

CB1300にナビを付けるのだ(配線ルート編)

CB1300にナビを付けるのだ計画の続編、今回は配線ルート編だ。

これは先週行なった“自分作業”の記録だ。

なかなか頑張っていると、自画自賛なのだ。( ̄ー ̄)ニヤリッ 

電源確保を確認したその後は、配線をハンドル付近まで通す作業なのだ。

なるべく王道(ってどこ?笑)のルートを取りたかったので、よく考えて作業を進めた。

 ↓ 前回記事のおさらい。リアオプションカプラからの電源確保。

N11_2

 ↓ さらにリアまわりの配線ルート。左を通した。

   左側は、元々の配線が通ってるので、その上を同様に這わせ結束バンドくくり。

N15_2

 ↓ ちょっと上から撮影の図。左サイドを通します。

   シートステーの下もきちんと通ってるのが解りますねぇ。

   丁寧にルートを考えたのだ。catface wink

N16

 ↓ さらに遠めから。CB1300(SC54)に乗ってる人なら、解るかなぁ。

   シート下収納の外側の、細い隙間に配線を通している。

   ここまでは?(笑) すごくshineスッキリと配線できている。

N17

 ↓ ここからが少しcoldsweats01大変だったのだ。タンクの下を通す配線ルートだ。

   タンクをアップUPupして、最適なルートを探したのだ。

N18

タンク下を配線通すのにthink考えた。簡単に通す方法、何かないかなぁ。。。

タンクをUPしても、手が十分に入る程は隙間は無い。

かといって、タンクごと取り去ってみる勇気は全然無いっ(笑)

そこで考えたのが “針金での糸通し作戦”だflair(^o^)/

針金の先をU字にして、ナビ電源の配線をくくりつけ、タンクの下を針金で通してみた。

3回目だったろうか?ハンドル下のところに配線がニュッと出てきた。

              キター ━━(n‘∀‘)η━━

 ↓ ここに出した。いや、出てきた。(笑)

   ま、ここなら大丈夫っしょ。。。と自分で勝手に納得する。

   だって、これ以上の作戦は思いつかない。(苦笑)

N20

 ↓ ここは戻ってタンクの真下のところを撮影。インジェクションカバーのあたり。

   何か解らないケド(爆)、ナビ配線を結束バンドで括っておいた。

   この配線ルート、エンジンの上を通るけど、他の配線もあるとこだから、

   溶けないよね? よね? 大丈夫ダヨネ? ね?   (( ;゚Д゚))    

   と、自分で納得するしかありましぇーーん(^^;)

N19

 ↓ ハンドル付近に配線が来たので、一応、またナビ確認します。

   おおお(^^)ちゃんと電源来てますな。よしよし。

N21

針金を使って配線を通すという、パンツにゴムを通す的な(笑)作戦が見事に出来た。

なかなか良いミッションを行なったと、我ながら思う今日この頃だ。(☆∀☆)

でも。

CB1300のタンクを外す作業の画像、どっかにないかな、と探してみたいとも思う。

タンクが簡単に外せれば、もっと完璧?に配線の取り回しが出来るし。

久しぶりにネットサーフィンだな(^^)

CB1300にナビを付けるのだ(ナビ本体装着 完了編に続く)・・・

 catface 写真多いので・・・分割UPにしてます。続編の記入、がんばろー。おー。

⇒ お帰りはこちらから           いち読1ポチのご協力をnoteにほんブログ村 バイクブログへ     

⇒ いちさん☆ライダーTOPへ      ⇒ いちさん☆ライダー カテゴリーページへ

いちさん☆ライダー ナビ装着カスタムの全記事

 CB1300にナビを付けるのだ No.1 (電源の確保編)

 CB1300にナビを付けるのだ No.2 (配線ルート編)

 CB1300にナビを付けるのだ No.3 (ナビ装着 完了編)

2009/03/01

CB1300にナビを付けるのだ(電源の確保編)

今年はCB1300で、あちこちツーリングに“行きたい精神”でいっぱいだ。

そこで。CB1300を“ツアラー化する作戦”を進めたいのだ。

で、その計画の1番のポイント。それはナビ。ナビゲーションの搭載だ。

・・・

CB1300にナビを付けるのだ!happy02と決めてからの行動は早かった。

バイクショップや用品店でデモ機をイジりたおし(笑)、ネットで口コミを見まくり。

バイクに付けるので、やはりコンパクト&タッチパネルのナビ3機種に絞り込んで。

ナビの装着は予算削減の為、\( ̄ー ̄ )自分で作業をしようと決めていた。

なので決めてからの購入もスピーディな活動だった。scissors

 ↓ pcネットでポチっとな、で購入して届いたバイク用ナビのフルセット。

   ブログリンクさせて頂いてる方々でも使用率が高いメーカーのこれだ。

N1_2

購入したセットは、ざっとこんな感じなのだ。

・バイクで迷WAN Value BZN-350(車用設置台&シガー電源付き)

・バイク用ステーセット

・防水ハードケース(ステー付き。上記ステーと同じ物が入ってる・・・ダブりやん)

・迷WANナビ用 イヤホン

・迷WAN Value用 電源キット

・そして、かいさん印の電源アダプター

このセットで、晴れの日はもちろん、雨だってナビを搭載して乗れちゃうのだ。

 ↓ バイクで迷WAN 本体だ。おおおshine感動モノでございますhappy02

   説明書もきちんとあります。ちゃんと読もう。うんうん。

N2

 ↓ 早速、ドキドキしつつ電源ONnoteしてみますsmile

   どーん。Broadzoneのタイトル画面がup(^^)v

N3

 ↓ メニュー画面からナビをタッチ。

   東京の皇居近くですね・・・。

   後で解ったのですが、GPS電波を受け取ると現在地が表示されるのだ。

   もちろん、自宅場所がきっちりと表示されたのだ(^^)vv

N4

 ↓ 今回のスペシャルパーツ。

   オプションカプラの電源アダプターなのだ。(^~^)b

N0_2

      以前書いた参考記事 → CB1300カスタム スペシャルパーツをゲットなのだ

        かいさんのブログ → Spead My Wings

・・・

この電源アダプターの存在が、ナビ電源確保をすごく簡単にしてくれました。

追加装備への応用も簡単なので、今後のさらなる電装化にも大丈夫です。

 ↓ 電源アダプターの+と-の配線にギボシを取り付けます。

   収縮チューブで対策も(何の?・・・笑)施しました。

   長すぎて+と-が解りにくくなっちゃいましたが(^^;)

N5

さて、ここまで準備できたら、後は取り付けるだけなのだ。

 ↓ 電源はリアにあるので、カウルを外すのだ。

N6

 ↓ ちなみに、目指すオプションカプラはこの中にあるのだ。

   シートを外すと見えてるので、ホジホジしたらこのままでも出せるかも。

   でもフェンダーレスキットの取り付け作業で、リアカウルを外すのは経験済み。

   なので自信ありげ?に外していくのだ(^^)v

N7

 ↓ テールカウルを外したの図?

   この半透明の中に目的のカプラがあるのだ。

N8

テールランプのコネクターを外すと、まる裸な状態になります(^^)

N9

 ↓ これです、オプションカプラ。これに電源アダプターをカチッと差すのです。

   このオプションカプラ、何の為にあるのかは知りませんがっ(笑)

   とにかく、ここから電源が取れるのです、はい。

N10

 ↓ かいさん印の電源アダプターをカチッと装着、はい完了note

   う~ん。簡単だ。すばらしい。catface wink happy02

N11

 ↓ ついこの間購入した、テスターで電源来てるか?チェックをしてみます。

   キーOFF状態。もちろんゼロですわな。

N12

 ↓ キーを回してON状態で計測。11.43ボルト。バッテリーまだ元気って事で。

N13

 ↓ キーON状態から、エンジン始動updelicious

   13ボルト近くまでUPします。これで電源は問題ないっすね。

N14

さて次は、配線ルートです。

電源アダプターは元の半透明な中に戻し、結束バンドでホールド。

 ↓ さらにこんな感じで配線をタンク方面に、ルートを持って行きます。

   ストレスかからない様に、うまく取り回しできました(^^)vピース

N15

我ながら丁寧な作業ができたかな、と思うのだ。( ̄ー ̄)ニヤリ

これで電源の確保としては完了なのだ。順調な進行なのだ。(^^)

CB1300にナビを付けるのだ(配線ルート編に続く)・・・

 catface 写真多いので・・・分割UPにしたのだ。続編の記入、がんばろー。

⇒ お帰りはこちらから           いち読1ポチのご協力をnoteにほんブログ村 バイクブログへ     

⇒ いちさん☆ライダーTOPへ      ⇒ いちさん☆ライダー カテゴリーページへ

          以前に書いた参考記事 → CB1300のスペシャルパーツをゲットなのだ

                かいさんのブログ → Spead My Wings

2009/02/28

カスタムをテストするのだ & ボルドールミーティングin月ヶ瀬

日はhappy01待ち遠しく思っていた、カスタムの検証プチツーリングなのだ。

先週末、2つのカスタムを行なった。

これはぜひツーリングで検証せねばなるまいて(^^)/

どんな乗り心地になったのか、すごく気になるカスタムその1。

 ⇒ CB1300のハンドルカスタム イージーフィットバーハンドルに交換

その2。前からすごく欲しかった、バイク用ナビ。バイクで迷わんBZN-350.

 ⇒ CB1300カスタム とりあえずのUP(ハンドルカスタムとナビ装着)

の2つのカスタムを今日は“感じて”みるのだ。

 ↓ しかし朝からすごい濃霧だ。。。霧って事は天気良いって事だよね?

Tuki1

だから?(笑)って事でもないんだが、ナビは防水ケース仕様で出陣する事にした。

天気予報では午後から曇りって言ってるし。

 ↓ バイクで迷わんナビ(BZN-350)の防水ケース仕様だnote

   がっちりガードで大雨でも大丈夫でしょう!=(゚∀゚)=

Tuki8

 ↓ 目的地の設定なのだ。“つきがせ”の検索で簡単にリストに出てきます。

   簡単だ~。使い易い~。いい感じだぞ、迷わんナビ君。(  ゚∀゚)σ

Tuki2

 ↓ こんな感じでも確認できます。(^^)ふふふ。

Tuki3

ではカスタム検証プチツーに出発!

いつもの川沿いの抜け道を通り、奈良市内へ向かいます。

∩(゚∀゚∩) 走り始めて早速、効果の程を実感できました。

 ↓ それはコレなのだ。

Tuki4

 ↓ それとコレもなのだ。この2つの相乗効果?もプラス効果なのだろうか。

Tuki5

イージーフィットバーハンドル&ウエイトに交換したが、これ、すごい。

ハンドルの振動がほとんど無い!グリップに伝わってくる振動がほんと無い。

この実感ははっきり行って、かなり予想以上だ。(* ^ー゚)ノぃょぅ

それとイージーフィットバーハンドル、1cmほど後(ライダーからすると手前ね)に

ライディングポジションが変更になっているのだが、これがまたナイス。

1cmって少しの事なんだけど、これは効果は大きいと感じる。(  ̄ー ̄)

背中に窮屈感も無いし、腕もノーマル時より余裕が生まれているのが解る。

いや~、たくさんの方からコメント頂いた理由が解りますね、コレ。

今日は100キロちょっとのプチツーですが、乗りやすさUPを確認できました。

いや~たった1cmの違いで結構変るもんなんですね~。( ´∀`)/~~

お見事!イージーフィットバーハンドル & バーウエイト。

・ ・ ・

しかし。カスタム検証は良い事ばかりにあらず。|(#´Д` )| むむむ。

ナビを防水仕様にして出発したんですが、40分くらいしたらこんな症状が(>o<)

Tuki6

外気温と差があるって事かぁ。sad

防水ケースのが曇ったら、ナビ画面が見えませんがな。むむぅ。

これは対策をせねば。といっても曇り止めを塗るくらいしか出来んか。。

今度、曇り止めを塗ってから、また、テストツーしてみよう!オイラって、前向き。catface

flairでもこの現象が起きたのは、朝だけだった。

昼間から夕方にかけては曇らず、快適にナビを確認できたnote

ま、だから、あまり気にしなーい。(^w^)

バイクで迷わんBZN-350ナビのインプレとしては、

 ・ さすがバイク用。振動してもフリーズとか全く無し。

 ・ 経路を外れても、すぐにリルートになり復帰も早い。

 ・ つまり車のナビ同様の機能もあり、使い勝手も良い。

 ・ あいうえお検索は出てこない事もあるけど、電話番号検索で見つかる事あり。

とまあ、今日だけとしてはかなり高得点です。

今後、使っていく内にダメなポイントが見つかってくるのかな?

とりあえず、バイクで迷わんナビの使用感としては、かなり満足です。( ̄▽ ̄  )

happy02 flair実は今日はもう一つ、イベントがあったのだ。

月ヶ瀬までカスタム検証ツーを行なったが、梅林のとこの駐車場(どこ?笑)で

同じ境遇のCB1300SBライダーと待ち合わせをしていたのだっっっ。

3人とも、CB1300SBに乗る前は、ホンダのフォルツァに乗っていた。

ワタシ自身、CB1300SBに乗ってからはまだ9ヶ月なのだけど。

なので、話しが合いまくりで、

それぞれのカスタム状況や今後の展望で盛り上がった。

何ででしょうね?(^^)ライダーって、初めて会った人でも

以前から知り合いみたいに話しが出来るのって、不思議ですよね。(^^)

ブログでリンクさせて頂いてる方もだが、バイクという共通の趣味で

世界が広がって行くって、ワタシにとっては素直に、とても有難いつながりだ。

ブログ初めて良かったな~と、ほんと思う。

Tuki7

ponさん、くまさん、今度はどこかツーリングに行きましょうね。(〃⌒ー⌒)/

同じバイク(年式も同じですだ)だけど、ライダーの好みや方向性で、

色々な仕上がり状態になるもんだ、と今日は改めて実感した。

オイラの銀ボルはbud希少種って事で、さらにオリジナルなカスタムを目指さねば!

と、さらにMY銀ボルへの愛情が増した事は言うまでもない。confidentふふふ。

⇒ お帰りはこちらから           いち読1ポチのご協力をnoteにほんブログ村 バイクブログへ     

⇒ いちさん☆ライダーTOPへ      ⇒ いちさん☆ライダー カテゴリーページへ